外国人が歯がきれいな理由

英語の勉強をしていると、どうしても外国人の歯の白さが目立ちますよね。

この歯の白さってどこから来ているか知ってますか?私なりに色々と調べてみました。

欧米人はデンタルリンスを毎日やるらしい

知人でアメリカに住んでいる幼馴染に聞いてみたところ、欧米の人はみんな一日3回歯磨きするだけではなくて、デンタルリンスやフロスでの歯磨きなどたくさんのことをやるらしいです。

しかも、小さい時からやっていて、ほとんどの人がそれが当たり前のようにやっているそうです。

欧米の虫歯治療はべらぼうに高い

アメリカでの虫歯の治療費っていくらか知ってますか?なんと1本5万円以上もするのです。

保険に入っていない場合は12万円以上する場合もあります。つまり、虫歯イコールとてもお金がかかってしまう病気の一種なのです。

そんな大変なものなので、アメリカでは小さいころから歯をしっかりとメンテナンスする習慣ができたのだそうです。

歯の白さはその人の評価に直結する

欧米人の場合、歯の白さや歯並びの良さがその人の評価に直結することがあります。例えば就職の面接のとき、きれいなスマイルができないだけで、その時点で不合格となるケースだってあるらしいです。

私たち日本人は彼らほど笑顔に関してシビアではないですし、一部の女性の場合は口元を隠す仕草をする人達だっています。

文化の違いだと思うのですが、そういったことを欧米でしてしまうと、この人は何かを隠しているんではないのか?などと勘ぐられてしまうことがあったり、人として信用できないような人かもしれないと思われるそうです。

歯のよごれはどうやって落とすの?

海外では歯の白さはもちろん、口臭が臭いのもNGです。もちろん日本でも口臭がきついのはNGですが、そういう人向けにネットで口コミ評価の高いゴッソトリノというマウスウォッシュを見つけました。

天然由来成分で歯のよごれを落とすそうです。

しかも1つづつ個別包装してあるので持ち運びも胸ポケットとかに入れて便利なので忙しいビジネスマンにも重宝されています。

コメントを残す