ドラマや映画で英語を学ぶ方法 Part2

前回、ドラマや映画で英語を学ぶ方法を紹介しましたが、今回はそのなかでなぜそれが大事かというところに焦点を置いて説明いたします。

リスニングスキルが格段に上がるんです!

映画やドラマを見ているとリスニング力が飛躍的に上がります。

英語を使うということは、英語で文章を書くことはもちろん、ネイティブの方と英語で話すことでもあります。

そのときに必要なのはネイティブが話す英語を聴き取るリスニング力です。

ネイティブが話す英語を聴き慣れていない方にとって彼らの英語はとにかく早いです。

しかし、英語版の映画やドラマを見ることで、普段ネイティブの方と交流しリスニング力を上げる機会がない方々でも簡単に実践できます。

どのように実践するのかというと、まずは音声と字幕を共に英語にし、再生します。音声の英語と字幕の英語を照らし合わせ、うまく聴き取れなかった部分をもう一度再生し、聴き取れるまで行います。

また、声に出して読むことで発音も上達します。それを続けることによって、英語のリスニング力が上達し、映画やドラマを英語で楽しむことができます。

まとめとして言いたいこと

以上より紹介した勉強法をまとめます。

一つ目は映画やドラマで登場した初めて見るフレーズを調べ、ノートにメモをすることで、ネイティブが日常的に使う多くのフレーズやスラングを身につけること、二つ目は音声と字幕を英語にし、聴き取れなかった部分を聴き取れるようになるまで再生を繰り返し、声に出して読むすることです。

ネイティブのフレーズを学ぶことも大事

ネイティブが普段使っているフレーズを覚えることもとても大事です。

私は普段からネイティブイングリッシュという効果的な教材を使っています。

この教材はネイティブが日常生活で使用する英語のフレーズがシチュエーション毎に載っているので英語の初心者にとってもおすすめです。

コメントを残す